• どうされました?
  • 院長の”ちょっと一言”
  • 携帯サイト

新小岩耳鼻科クリニック

〒124-0024
東京都葛飾区新小岩1-40-8
山田明ビル2F
電話:03-3651-8733
診療時間
月火木金
午前9:30〜12:30
午後3:00〜6:30
土   曜
午前9:15〜12:30
休診日
水曜・土曜午後・日曜・祝日

新小岩耳鼻科クリニックの地図

より大きな地図を見る

院長の「ちょっと一言」

国民の医療満足度を上げるには開業医の役割がものすごく大事

わが国は世界一の長寿国であるだけでなく、周産期死亡率の低さも世界のトップレベルです。しかし、日本の医療は世界に誇るべき成果を示す一方で国民の医療に対する満足度は決して高くありません。

日本人は、世界で一番医療機関にかかりたがる国民です。患者1人あたりの受診回数が世界の中で最も多いという事実をご存じですか。それはわが国の国民医療保険制度が日本の医療の量とアクセスの良さ、コストを保証しているからかも知れません。それでもなお、国民の多くが現在の日本の医療に満足していないのです。

それは、一定の保険料を払えば、どこの医療機関でもほぼ同じ料金で受診できる国民皆保険制度と無関係ではないとわたしは思います。だれもがよい医療を受けたいと考えるなら、卒業したての医師よりベテランの医師に診てもらいたいと思うでしょう。当然ですね。そして、多くの人が、大きな病院にはベテランの医師がたくさんいるに違いないと考えて病院を受診します。

ところが、現実は"医療崩壊"という言葉で象徴されるように、病院の医師不足は深刻化しています。病院の現場はあまりの多忙さから疲弊し、退職する中堅医師が増え、残された医師はさらに忙しくなっています。患者は大病院に行ってもベテランの医師に診てもらえないばかりか、話しも十分に聞いてもらえないのが現状です。

現在では病気や治療に対する十分な説明、安全性、診断の正確性、治療の効果などに対する国民の要求はとても高まっています。

先にも述べたように日本では大病院志向が強く、開業医の評価が低いのですが、決して開業医の医療レベルが低いということはありません。経験をお持ちであり、その地域で流行している病気やコモンディジーズに関する専門家は彼らをおいてないはずです。

例えば、私がずっと同じ開業医の方に診てもらっていたとすると、過去の病気、そして自分の体の性質などについてはその開業医の方以外は存じないわけです。また、最初から大病院や専門医を受診するマイナスも考えてほしいのです。そういう人は症状から大病院の診療科を自己判断して受診するのですが、患者が複数の慢性疾患を抱えている場合、病院内で診療科間を行ったり来たりして、たらい回しにされることも少なくありません。大病院では全体を診る医師がほとんどいないからです。

ですから、大病院を受診する前にあなたをよく知っている開業医にまず相談してご覧下さい。開業医はあなたの病気を絞り込み、あなたを大病院や専門医に紹介し、病院はそういう形であなたを受け入れてくれます。専門医の出番かどうかわからない患者まで最初に大病院が扱うのは、医療資源の無駄遣いでもあります。

だから、国民の皆さんは開業医をもっと信用して、何かあったら、まずその先生方に相談してみてください。それが医療崩壊の危機を脱する最初の一歩だと思っています。

現在の医療崩壊を防ぎ、医療への満足度を上げるには、開業医の役割がものすごく大事だと思います。国民のそれぞれが隣近所の評判を聞き、身近にいるいいお医者さんを選び、その人と仲良くなることがとても大切です。

新小岩耳鼻科クリニック院長 白幡雄一


”ちょっと一言”目次に戻る